コンテンツライブラリ

マンガでみるSHPT治療シリーズ

透析導入早期におけるカルシミメティクスの検討

「透析導入早期におけるPTH管理について、どのタイミングからカルシミメティクスを検討されていますか?」
若手医師の疑問に対し、ベテラン専門医が解説するマンガ風のコンテンツです。 コンテンツの最後には、昭和大学藤が丘病院の小岩文彦先生にもご出演いただきました。



PTHの厳格な管理

「PTH管理について、積極的に介入されていますか?」 二次性副甲状腺機能亢進症の進展は、血管石灰化や生命予後に影響を及ぼすことが指摘されています。PTHの厳格な管理について、若手医師の疑問に対してベテラン専門医が解説するマンガ風コンテンツです。コンテンツの最後では、昭和大学藤が丘病院の小岩文彦先生にコメントをいただいています。



低カルシウム血症を考慮したカルシミメティクスの検討

「二次性副甲状腺機能亢進症において、薬剤の影響でカルシウムが下がり過ぎてしまった経験はありますか?」 低カルシウム血症によって透析患者さんにはどういったリスクがあるのか、若手医師の疑問に対してベテラン専門医が解説するマンガ風コンテンツです。コンテンツの最後では、昭和大学藤が丘病院の小岩文彦先生にコメントをいただいています。

ウパシカルセト カルシウム感知受容体への結合

ウパシカルセト カルシウム感知受容体への結合の秘密
~結合部位コンテンツ~

副甲状腺に存在するカルシウム感知受容体は、どのようにPTH分泌を調節しているのか。カルシウム感知受容体に対して、ウパシカルセトはどのように結合しPTH分泌を抑制するのか。動画で解説します。

二次性副甲状腺機能亢進症SHPT治療の未来を切り開くウパシタシリーズ

PTHに対する早期介入の重要性

SHPT治療におけるPTHに対する治療介入のタイミングについて解説したドラマ仕立てのコンテンツです。専門医として福岡腎臓内科クリニックの谷口正智先生にご出演頂きました。



カルシミメティクスによる早期介入について

SHPT治療におけるカルシミメティクス導入のタイミングについて解説したドラマ仕立てのコンテンツです。専門医として福岡腎臓内科クリニックの谷口正智先生にご出演頂きました。

ウパシタWEBセミナー「進化するSHPT治療」ダイジェスト動画

カルシミメティクスを必要とする臨床像を見極める
-SHPTに対する早期介入の意義-

SHPTに対する早期介入の重要性を解説いただき、透析導入早期からカルシミメティクスを基調としたSHPT治療のポイントについてご講演いただきました。



適正なPTH管理とは
-the lower, the better か?-

透析患者の適正なPTH値について、生命予後改善の観点から最新のエビデンスをもとにご講演いただきました。

ウパシタWEBセミナーダイジェスト動画

現代のCKD-MBD管理の課題と展望
-バランスのとれたCKD-MBD管理を考える-

ビタミンDの血管石灰化に対する影響を解説いただき、薬剤のバランスを考慮したCKD-MBD管理についてご講演いただきました。

製品紹介動画

新たなカルシウム受容体作動薬
"ウパシタ静注透析用"の5つの特徴

ウパシタは、国内で創製、開発された新たなカルシウム受容体作動薬です。
臨床試験での血清iPTH濃度の目標達成率、血清カルシウム濃度に応じた開始用量、
血液透析による除去(排泄経路)など、ウパシタの5つの特徴をご紹介いたします。